学校に行かないと、声優になれない?

声優は、今もっとも人気のある職業の一つです。

最初にイメージするのは、アニメキャラクターや、外国映画の日本語版に「声をあてる」

仕事ですが、広義ではナレーターなどもその枠に入ります。

本来は声だけの、黒子的な仕事なのに、どうしてここまでの人気職業になったのでしょう。

それは、アニメが子供だけのものでなくなったことに伴って、熱狂的な大人のファンが増え、アニメキャラクターの三次元の象徴として「声の人」

がアイドル化したことが考えられます。

アイドルなら誰でもなってみたい。

でもアイドルは誰もがなれるわけではない。

歌手のアイドルよりも、声優からアイドルを目指す方が楽な感じがする。

そうした理由があるようです。

最初に言っておきますが、声優になるのもかなり厳しいものです。

学校や養成所に通うのが一般的ですが、なかなかプロになれず、何年も夢をあきらめきれずに通い続けている人もいるのです。

しかし、学校に行くのが一番の近道なのですから仕方がありません。

声優学校について、まずは知っておきましょう。

声がきれいで、演技力があれば、「声優なんてすぐなれるんでしょ」

と思いがちです。

オーディションなどで実力を認められれば、すぐにも人気アニメの重要な役に抜擢されるに違いない。

業界について知らず、ただ夢を見ている人はそう考えます。

オーディションは役を決めるためのもので、出られるのは声優事務所に所属するプロだけです。

一般から公募することはまずありません。

ですから、事務所に入ることが先決なのですが、事務所だって素人を取ったりしません。

ほぼ100%学校で学んだ人からスカウトします。

声優の専門学校、あるいは事務所が経営する養成所があって、そこで発声練習や演技練習をして、事務所入りとなるわけです。

学校の情報や、カリキュラムなどは、このサイトで詳しく見られます。

声優の学校のカリキュラムをチェック

なにしろ人気職業ですから、男女を問わず生徒が集まり、いつか大役をつかみ取って、スポットライトを浴びる日を夢見て励んでいるのです。

もちろん、アニメや映画を愛し、その仕事をしたいという強い気持ちがなければやってゆけません。